イソフラボンの過剰摂取はアレルギーに要注意
抜け毛予防

イソフラボンの過剰摂取はアレルギーに要注意

イソフラボンと言えば、食品として摂取する場合にまず何を思い浮かべるでしょうか?
代表的なのが様々な大豆製品で、いわゆる大豆イソフラボンとなります。
大豆は良質なタンパク質でありながら、カロリーも控えめというヘルシーな食材です。
そのため、欧米諸国や先進国などでも注目されていて、豆腐などの食材が好んで食べられるようにもなっています。
しかし、あまり過剰に摂取すると、アレルギー反応を引き起こしてしまう恐れもあります。

他のアレルゲンに比べ、発症率は多くありませんが、「大豆アレルギー」または「イソフラボンアレルギー」と呼ばれるものがあります。
アレルギーというものは、本来であれば害のない物質を、身体が間違えて有害だと認識してしまうことで起こります。
身体の免疫力が過剰に反応してしまい、アレルギー症状を引き起こしてしまうことになるのです。
その場合、じんましんなどによる皮膚のかゆみや喘息など、身体に不快症状が出て来てしまう場合があります。
おかしいと感じた場合には、医療機関でアレルギーのテストを受けましょう。
この時、「大豆」でアレルギーの反応が出なくても、「イソフラボン」で出る場合がありますので気をつけて下さい。
アレルギーの反応が出たら、大豆イソフラボンの摂取は控えましょう。
身体に良い成分であることは間違いないですが、アレルギー症状によって他の弊害がでてしまいます。
医師の判断を仰ぎ、きちんと守るようにして下さい。
ちなみに、イソフラボンは化粧品やクリームなどにも使用されている場合があります。
これらもアレルギー症状を引き起こす恐れがありますので、購入の際には注意して選ぶようにして下さい。

アレルギーの発症原因の1つとして、過剰摂取が挙げられます。
特に日本は、昔から大豆を様々に加工して食してきました。
昔からの日本食には、大豆製品が数多く使用されています。
そんな中で、身体にいいからといってさらにサプリメントなどを愛用しては過剰摂取になる恐れがあります。
サプリメントは容量をきちんと守り、服用しましょう。
また、普段の自分の食生活をきちんと把握し、イソフラボンを多く摂取している場合には、サプリメントの摂取自体を考える必要があります。