食生活が欧米化している人にはイソフラボンがおすすめ
抜け毛予防

食生活が欧米化している人にはイソフラボンがおすすめ

食生活の欧米化が進んだことで、どのような問題が生まれたのでしょうか?
元々の日本食と比較しながら考えていきましょう。
まず1番に考えられるのが、糖質や脂質の急激な増加ですね。
伝統的な日本食と言えば、炭水化物であるごはんに味噌汁、タンパク源の魚、野菜を使用した副菜というのが一般的です。
それに比べて、欧米の食事は肉中心であり、炭水化物の使用量も非常に多くなっています。
さらに、デザートなどに使用される砂糖の量もばかになりません。
野菜の量も不足しがちなために、ビタミンやミネラル分の栄養が不足してしまうことも問題です。
こうした食生活が続いてしまうと、どうしても身体に悪影響が出て来てしまうものです。
完全に欧米諸国の食事をシャットアウトすることは難しいでしょうが、少しでも改善するためにイソフラボンが強い味方となってくれるのです。

イソフラボンと言えば、大豆イソフラボンが頭に浮かびますよね。
大豆は、昔から日本食に欠かせない良質なタンパク源として、様々にその姿を変えて食されてきました。
近年イソフラボンが注目されるようになり、その効果の幅広さから、改めて日本食の価値が見直されてきています。
食の欧米化が当たり前となっている現在だからこそ、伝統的な日本食をもう1度大切にしていくことが必要となります。
大豆は、良質なタンパク質でありながらヘルシーであることが魅力的です。
お値段も手頃なため、普段の食生活にどんどんと活用することが出来ます。
実際、近年では海外でも豆腐などの食品が人気を集めているようです。
栄養満点でありながらカロリーは控えめということで、ダイエットの観点からも需要は多いですね。
日本食で使用される代表的な調味料にも大豆が利用されています。
味噌やしょう油などは、大豆が分解されているぶん、イソフラボンの吸収率も上がります。
1度にたくさんの量を食するものではありませんが、日常的に食することで、身体を整えてくれる働きが期待出来るでしょう。
1日のうち1食でも良いので、日本食に切り替えることが健康にとって大きな力となってくれるでしょう。